栃木ものづくり・ものがたり座談会@油伝味噌

座談会チラシ(農業)表

座談会チラシ(農業)裏

栃木ならではの手仕事・ものづくりに携わる若い方々をゲストに招き、つくり手としての「想い」と背景にある「ものがたり」を伺います。
関心のある市民同士の交流を図りながら、栃木で働き暮らす楽しさについて語らいましょう。

■日時:2015年3月29日(日) 16:00~18:30
■場所:油伝味噌離れ ※最寄りの駐車場をご利用ください。
■参加費:500円 ※当日12時までにお申し込みください。

■ゲスト
町田佳子さん(NPO法人渡良瀬エコビレッジ
藤岡町大前生まれ。「やまずめぐる」循環型の暮らしを体験・提案するNPOの事務局長として、無農薬の和綿と藍の栽培に力を入れている。

田中潔さん(NIPPA米
藤岡町新波生まれ。400年続く農家の17代目。東京でカメラマンをしたあと、地元の新波に戻り無農薬の米づくりに取り組んでいる。

縫村啓子さん
埼玉県生まれ。大学院で農業と環境について学んだあと、祖父が暮らす寺尾地区の大久保町に移住し、無農薬の野菜づくりに取り組んでいる。

宇田川大介さん(藤村屋地名活用研究所)
東京都生まれ。大平町西水代育ち。大学院で地名を地域資源として活用する研究を行いながら、その実証として野菜づくりにも取り組んでいる。

■問合せ:マチナカプロジェクト
■TEL:090-8046-8138(大波)
■E-mail:mach-i-naka@hotmail.co.jp

11_IMG_7527

嘉右衛門町伝建地区にある、天明元年(1781)創業の老舗・油伝味噌(あぶでんみそ)株式会社の離れをお借りしました。

21_IMG_7547

3代目の隠居所として明治時代に建てられた離れは、国の登録文化財です。

無農薬でつくられたNIPPA米と、油伝味噌の田楽と味噌汁をみんなで一緒にいただきました。

27_IMG_7553 - コピー

NIPPA米の田中さん。

41_7D2_9549

NPO法人渡良瀬エコビレッジの町田さん。

47_IMG_7579

縫村さん。

57_IMG_7591

藤村屋地名活用研究所の宇田川さん。

81_IMG_7631

NIPPA米

76_IMG_7618 - コピー

綿繰り作業に夢中。

46_IMG_7577

町田さんが育てた和綿を100%使用したPorter Classicのストール

86_IMG_7639

樽職人の萩原さんも来てくれました。

88_IMG_7649

栃木市は1市5町(栃木市・大平町・藤岡町・都賀町・西方町・岩舟町)が合併して広くなりました。

合併前は「よそのもの」だった地産品や地域課題を「自分たちのもの」として見つめ直し、新たな価値発見と暮らしに活かす方法を考えながら、お互いの地域を行き来し合える仲間の輪を広げていきたいと思います。

写真:箪笥プロジェクト

 

■リンク

NIPPA米

NPO法人渡良瀬エコビレッジ

箪笥プロジェクト

コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.